ハイローオーストラリアのペイアウト率を徹底分析

  • URLをコピーしました!

バイナリーオプション取引でハイローオーストラリアを選ぶ理由のひとつに、ペイアウト率の高さがあります。

このページでは、海外業者のペイアウト率を比較します。さらに、ハイローオーストラリアのペイアウトについて詳しく解説していきます。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

目次

ハイローオーストラリアのペイアウト率とは?

「ペイアウト」(pay out)は直訳すると「支払い」ですが、ハイローオーストラリアでは「払い出し率」を意味します。入力した金額に対して払い戻される金額の割合のことです。

ハイローオーストラリアでは、取引画面上部の赤丸で囲った部分に表示されます(下図参照)。

ちなみに、日本語では「還元率」という意味です。

具体的には、ペイアウト率が1.95倍なら、「1,000円賭けて勝ったら、1,950円戻ってきますよ」という意味です。

1000円×1.95(ペイアウト率)=1950円」という単純な計算です。

「PayPayのポイント還元!」「楽天のポイント還元率がすごい!」ってよく聞きませんか?

どうしてペイアウト率に注目する必要があるのか

バイナリーオプション業者がこぞって「うちのペイアウト率は○.○○倍!」これには理由があるのです。

同じ取引でもリターンの金額が違えば、ユーザーの利益額も変わってくるからです。

各社ともキャンペーンやペイアウト率の向上など、ユーザーの確保にしのぎを削っています。

【結論】ペイアウト率が高い業者を選んでおくべし

具体的には、「HIGH/LOW」取引におけるザオプション(The Option)とハイローオーストラリアのペイアウト率を比較してみましょう。

ザ・オプションでは、USD/JPYとEUR/USDのペイアウト倍率は1.90倍です。その他は1.85倍に設定されています。

ハイローオーストラリアのHIGH/LOW取引

ハイローオーストラリアでは、USD/JPY、EUR/USDに加え、GBP/JPYのペイアウト倍率を1.95倍としています。ビットコイン/USDの取引のみ1.85倍に設定されています。

どちらのペイアウトも業界最高水準ですが、同じ取引で比較するとハイローオーストラリアはザ・オプションThe Optionより0.05倍高くなっています。通貨ペアの選択次第では、0.1倍ものペイアウト率に特化することも可能です。

1万円で同じ取引した場合
・ザ・オプション➡︎19000円
・ハイローオーストラリア➡︎19500円

と利益をとりこぼす可能性があります。

掛金が増えるごとに、この差は大きくなります。

ペイアウト率が高ければ高いほど、利益は高くなります。全く同じ条件であれば、ペイアウト率が高いほど良いということを覚えておいてください。

ただし、ザ・オプションはよくハイローオーストラリアと比較されます。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

【最新】ハイローオーストラリアのペイアウト率一覧

ハイローオーストラリアのペイアウト率は何度も変更されていますが、最新のペイアウト率は以下の通りです。(2021年10月現在)

まずは最新のペイアウト率一覧からご覧ください。

取引名 取引時間 ペイアウト倍率
HighLow 15分取引
1時間取引
23時間取引
1.85倍
1.90倍
1.95倍
HighLowスプレッド 15分取引
1時間取引
23時間取引
2.00倍
2.00倍
2.00倍
Turbo 30秒取引
1分取引
3分取引
5分取引
1.95倍
1.90倍
1.90倍
1.85倍
Turboスプレッド 30秒取引
1分取引
3分取引
5分取引
2.30倍
2.20倍
2.05倍
2.00倍

ハイローオーストラリアのペイアウト率は、全ての取引で高いペイアウト率であることが分かります。

基本的には、選択した取引のペイアウト率は、この赤枠の中に表示されているので、この表を覚える必要はありませんのでご安心ください。

*仮想通貨のみ、23時間HIGHLOW取引は「1.95倍ではなく1.85倍」に設定されています。

ペイアウトが高い順に難しい取引です

「よし、2.30倍はペイアウト率が高いから、Turboスプレッドに挑戦してみよう… 」と思っている初心者の方もいらっしゃるかと思います。しかし、そこには注意すべき点があります。

基本的にペイアウト率を全て覚える必要はありませんが、ペイアウト倍率が高いということは「それだけ取引しにくい」ということだと覚えておくとよいでしょう。

そのため、初心者の方は1.85倍のペイアウトに設定した取引から始めるとよいでしょう。

  • HighLowの15分取引
  • Turboの5分取引

この取引方法なら、相場の流れがつかめるので、初心者でも簡単に利益を出すことができます。

「スプレッド」取引は上級者向けなので、まずはスキップしてOKです。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

ハイローオーストラリアのペイアウト率は高い?

それでは、ハイローオーストラリアと他の海外プロバイダーとのペイアウト率を比較してみましょう。

2020年3月、ハイローオーストラリアのペイアウト率に一部変更がありました。

ペイアウト率比較一覧表

海外業者によって、取引形態やペイアウト率などが異なります。まずは一覧をご覧ください。

業者名 取引種類 ペイアウト率
ハイローオーストラリア HighLow
Turbo
HighLowスプレッド
Turboスプレッド
1.88倍~1.90倍
1.85倍~2.00倍
2.00倍
2.00倍~2.20倍
ファイブスターズマーケッツ ハイロー
WowFX
1.50倍~1.80倍
条件を自分で設定
ザ・オプション HIGH/LOW
短期
スプレッドHIGH/LOW
スプレッド短期
1.80倍~1.85倍
1.81倍~1.83倍
2.00倍
2.00倍
ザ・バイナリー SHORT
RANGE
HIGH&LOW
1.84倍~1.86倍
2.01倍~2.10倍
1.85倍
ジェットオプション SHORT
SPREAD
HIGH&LOW
1.60倍~1.81倍
1.60倍~2.01倍
1.60倍~1.78倍
ゼントレーダー クラシック
オンデマンド
1.60倍~1.90倍
1.80倍~1.95倍

ペイアウト率は取引ルールによって異なるので、一概にどれが良いとは言えません。

しかし、ハイローオーストラリアのペイアウト率の高さは際立っています。

ペイアウト率は変わる?

バイナリーオプション業者によっては、ペイアウト率を変更する場合があります。キャンペーンを行い、期間限定でペイアウト率を高く設定し、その間に新規ユーザーを獲得しているところもあります。

また、ファイブスターズマーケッツのWowFXのように、自分でペイアウト率を決める取引もあります。ペイアウト率は、その業者の取引方法、キャンペーンなどのルールによって異なることがあります。

業者を選ぶ際には、ペイアウト率とリスクのバランスを知ることも重要です。

ハイロー取引でペイアウト率を一覧比較

しかし、バイナリーオプションはハイとローの取引です。

取引時間などのルールは若干異なりますが、ハイ・ロー取引のみで比較してみましょう。

業者名 取引名 ペイアウト率
ハイローオーストラリア HighLow 1.88倍~1.90倍
ファイブスターズマーケッツ ハイロー 1.50倍~1.80倍
ザ・オプション HIGH/LOW 1.80倍~1.85倍
ザ・バイナリー HIGH&LOW 1.85倍
ジェットオプション HIGH&LOW 1.60倍~1.78倍
ゼントレーダー クラシック 1.60倍~1.90倍

類似の取引方法を比較すると、ハイローオーストラリアのペイアウト率の高さが際立ちます。最低ペイアウト率が1.88倍以上と、どこよりも高いのが特徴です。

最高ペイアウト率に関しても、ゼントレーダーと同じですが、一番良い率ということがわかります。

さすがにハイローオーストラリアの配当性向は評判通り高いです。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

ハイローオーストラリアの転売とペイアウト率の関係

転売は、取引時間終了の1分前まで、取引を強制的に終了させることができる機能です。

ハイローオーストラリアでは、勝てばペイアウト率が返金されますが、負ければ賭け金全額を没収されます。

しかし、転売を利用することで、完全な没収を回避できる可能性があります。

転売をするとペイアウト率は変動する

再販の際のペイアウト率は、以下によって異なります。

転売のペイアウト率の決定材料
・判定時刻までの残り時間
・エントリー時との価格差

例えば、USD/JPYの場合、0.001でも予想を上回ることで目標達成となれば、ペイアウト率が満額適用されます。

しかし、転売機能を利用した場合、0.001の予測を超えてもペイアウト率が1.00倍を下回り、損失が発生することになります。

価格帯は、いわば安全地帯です。価格帯が広ければ広いほど、安全に勝てる確率が高くなるので、ペイアウト率は高くなります。

逆に言えば、安全圏にいながらリセール機能を使うのはもったいないということです。ペイアウト率が下がるので、満額もらえる状況をあきらめると考えてください。

仮に利益が出たとしても、転売を利用しなければ得られたはずの利益率を失ったと言えます。ただゼロになるよりはいいし、予想を裏切ったという確信があるのなら、再販機能を上手に活用すべきでしょう。

ハイローオーストラリアの再販機能は、表示させるだけでリアルタイムにペイアウト率を確認することができます。

ペイアウト率と相談しながら、上手に再販機能を活用してください。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

ハイローオーストラリアは同値の扱いに注意

ハイローオーストラリアでは、エントリー価格と同じ価格で終了した場合、負けたとみなされます。

勝率50%は間違い?

よくハイローオーストラリアをハイ&ローだから勝率50%で説明しているサイトがありますが、それは大きな間違いです。

確かに勝つか負けるか、どちらかになるのは2分の1ですが、それは勝率とは言えません。

ゲームに引き分けがある、ハイローオーストラリアでは引き分けという。
ハイローオーストラリアでの引き分けは、負けが決定している。

その点からすると、高低2つの選択肢があることを説明し、勝率が50%という話は不十分ではないかと思います。

さらに、市場の70%はレンジ相場です。取引時間が短いため、トレンド相場で取引しないと、引き分けになる確率が高くなります。

また、為替相場は上下するため、トレンド相場であっても引き分けになる可能性はゼロではありません。

ハイローオーストラリアには、タイロスルールがあります。勝率50%と簡単に説明する言葉を鵜呑みにしてはいけません。

昔は同値で返金されていた

2017年7月まで、ハイローオーストラリアでは、同額でゴールした場合、エントリー額を全額返金するサービスを行っていました。

全体のペイアウト率を上げると同時に、同額が負けると判断するようになったのです。

現在のハイローオーストラリアのペイアウト率は、「引き分けは負け」というルールを導入したことで生まれたものであり、逆に感謝すべきなのかもしれません。

同値ゴールを避けた取引を意識する

先ほど抱き合わせの確率が高いことを説明したが、抱き合わせが発生しないように、市場の状況をよく見て取引を行えば問題はありません。もちろん、抱き合わせの可能性がゼロになるわけではありませんが、ゼロに近づける努力はできます。

同点負けには気をつけないといけませんが、それでペイアウト率が向上するならば最高ですね!

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

まとめ

以上はハイローオーストラリアのペイアウト率を徹底分析しました。

ハイローオーストラリアに興味はあるけど、どうしたらいいのかわからない。

ハイローに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せないという方がとても多いようです。

そんな方にお伝えしたいのは、「まずは口座を開設してください」ということです。

ハイローオーストラリアの口座開設は手間がかからず、口座維持費も無料です。

とりあえず持っておくだけでも、将来ハイローをやってみたくなったときにすぐに始められます。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる