ハイローオーストラリアの税金は黙っていてもバレない?バレる?

  • URLをコピーしました!

ハイローオーストラリアで勝つと、わずか数ヶ月で数百万円を稼ぐトレーダーも珍しくありません。

しかし、忘れてはいけないのが税金の存在です。

この記事では、ハイローオーストラリアの税金について解説していきます。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

目次

ハイローオーストラリアの税金はバレる?

結論から言うと、ハイローオーストラリアにかかる税金は判明します。

100%ではありませんが、政府はバイナリーオプションの税金を知るための方法を用意しています。

以下は、誤解されがちな意見であります。

  • 海外だから非課税
  • サイト側が払っている
  • 払わなくてもバレない

税金を個人、個人で税金を納めなければならないのに、未納のままにしておくと、ある日突然、バレてしまうのです。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

なぜハイローオーストラリアの税金はバレるのか

国内バイナリーオプション業者(IG証券、GMOクリック証券等)は、2008年の所得税法改正により、顧客口座の損益データをすべて税務署に提出することが義務付けられています。

そのため、税務署は顧客がどれだけの利益を上げたか把握しており、後日、顧客が利益を申告していないことを指摘することもあります。

海外のバイナリーオプション業者では、顧客データの提出義務そのものがありません。

ただし、海外からの送金については、100万円を超える金額を金融機関が外国送金申告書により税務署に報告することになります。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

脱税時の追加徴税の金額

納税者のミスが判明した場合、本来納めるべき税金に加えて、5~40%の加算税(軽微なミスから悪質な脱税まで、状況によって税率は異なる)と延滞税(2008年度は申告期限後2カ月までの部分は年2・6%、2カ月を超えた部分は8・9%)を支払う必要があります。

  • 無申告加算税(MAX20%)
  • 延滞税(MAX14.6%)
  • 重加算税(MAX40%)
  • etc…

上記は一例ですが、とてつもない額が請求書に加算されることになります。

よくテレビで脱税などの報道がありますが、そこで数億円の追徴金が報道されることがあります。

数百万、数千万と請求されることも珍しくないといっても過言ではありません。

どの段階で納税の義務が発生するのか

ハイローオーストラリアで上げた利益が口座に反映するにはサイトによって多少異なりますが、下記の手順は必ず必要です。

  • トレードで勝利する
  • 出金申請を行う
  • 日本の口座に反映する

通常、納税義務は利益が出たときに発生します。

バイナリーオプションの場合、勝負の段階がそれに相当します。

この段階では、バイナリーオプションの運営会社の口座に資金が保管されており、口座は海外にあり、金融庁の管轄外(特例は除く)です。

取引に勝ったときに税金を支払う必要はありません。1年に1度、確定申告をした方が良いとされています。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

ハイローオーストラリアの納税は完全に自己責任

納税は国民の義務ですが、海外バイナリーオプションで得た利益を正直なところ、税金を払っている人はあまりいません。

同時に、脱税で逮捕された人もいます。現地での報告はありません。

たまたま金融庁が見落としていただけの可能性もあります。

いつ取り締まりが強化されるかは分かりませんが、少なくとも高額の利益を上げている人は税金を払うことをお勧めします。

基本的には、高額の利益を上げている人が一番狙われます。

利益が少ない人はあまり気にする必要はないでしょう。

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

まとめ

この記事、ハイローオーストラリアの税金について解説しました。

ハイローオーストラリアの税金がバレたくないのなら、税金は自分で納付しましょう!

【公式】ハイローオーストラリア
※今だけ!口座開設すると5000円キャッシュバック中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる